帯状疱疹.com

帯状疱疹の豆知識 紫外線は帯状疱疹の天敵

紫外線は皮膚に対してダメージを与えるということは、みなさんよくご存知だと思います。帯状疱疹には、紫外線は大敵です。紫外線は、皮膚に対する刺激が強く、帯状疱疹の人は、とくに紫外線の予防には十分配慮する必要があります。長時間外出をして、紫外線を浴びると、顔のお肌にもストレスを与えてしまいますが、帯状疱疹にかかっている人は、症状をさらに悪化させる可能性があります。紫外線を浴びることで、精神的なストレスや疲労の原因にもなります。十分な注意が必要です。

それでは、外出する時間を短くすればいいだろうと言う人も多いと思いますが、室内にいても外からの日差しが入るので、微量ではありますが、紫外線をあびていることになります。紫外線自体が帯状疱疹の原因とは考えにくいのですが、直接的な原因でなくても、間接的な原因となりますので、紫外線対策はしっかりとしておきたいですね。

紫外線対策には、外出時は帽子をかぶり、なるべく黒い服や黒っぽい服の着用を避けましょう。黒い色は、熱を吸収する性質があります。反対に、白い色は熱を吸収することがほとんどありません。皮膚には免疫細胞が存在していますが、紫外線を浴びることで、皮膚の免疫細胞の機能に異常が引き起こされる原因となります。

免疫機能の異常、低下により、帯状疱疹にかかりやすくなります。帯状疱疹にかかりやすい体質は、紫外線によって作られる可能性も十分にありますので、注意が必要です。帯状疱疹にかかりにくい体質作りには、緑黄色野菜をしっかり食べて、栄養バランスの良い食生活を心がけることです。紫外線に影響されない、紫外線に負けない体質作りを心がけることが、帯状疱疹の予防にもつながります。




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 帯状疱疹.com All Rights Reserved.