帯状疱疹.com

帯状疱疹の注意点 妊婦と帯状疱疹

帯状疱疹は、妊婦、または妊娠している可能性が高い人がかかると、妊婦の体はもちろん心配になりますが、おなかの中の赤ちゃんに対する影響が心配になります。万が一、妊娠中に帯状疱疹にかかった場合、赤ちゃんにうつったり、または赤ちゃんに遺伝して将来的に、赤ちゃんが帯状疱疹になる確率が高いのでは?といろいろ不安に思う人も多いのではないかと思います。

妊娠中の健康管理には十分な注意が必要で、妊娠していないときよりも、免疫力が低下しやすくなると言われています。妊娠していないときよりも、帯状疱疹にかかりやすくなります。帯状疱疹の症状には個人差があり、痛みの症状がひどい人もいれば、かゆみがひどくそれほど痛みはない人もいます。妊娠中に帯状疱疹にかかった場合に、もっとも注意しなければならないのが、治療に使用される薬剤や点滴などが胎児に悪い影響がないかという点です。

対処法としては、妊娠中、または妊娠している可能性が高いことを事前に専門医に伝えておくことです。治療法によっては、強い薬が使用される可能性もありまので、十分な注意が必要です。妊娠中に帯状疱疹にかかっても、ほとんど赤ちゃんに影響はありません。妊娠中に帯状疱疹にかかった人でも、とくに出産に影響がなく、元気な赤ちゃんを出産しているので安心できると言っていいでしょう。妊娠中は、栄養バランスをよくとり、睡眠をしっかりとることが大切です。

妊娠中は、帯状疱疹以外にも、風邪をひかないように十分注意しなければなりません。免疫力が低下すると風邪をひきやすくなりますが、風邪は万病のもとであり、免疫力が低下しないように注意する必要があります。つわりがおさまり、安定期を迎えたら、ウォーキングなどの適度な運動を取り入れて、気分転換をして、栄養の良い食事をとり、睡眠・運動・栄養のバランスに注意して、免疫力が低下しないように心がけましょう。




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 帯状疱疹.com All Rights Reserved.