帯状疱疹.com

帯状疱疹の治療法 初期の治療方法

帯状疱疹は、初期のうちに治療を始めると、比較的治りが早いと言われていますが、水ぼうそうのウイルスが神経に潜伏している場合、1度だけではなく、2度かかることもあります。帯状疱疹の疑いがあれば、早めに専門医の診察を受けて、早めに治療を受けましょう。帯状疱疹の初期の段階の治療は、水泡にばい菌がつかないように、皮膚を清潔にして、皮膚に刺激を与えないように注意する必要があります。

帯状疱疹の治療に用いる薬には、さまざまな種類がありますが、帯状疱疹のウイルスの繁殖を抑制する薬ができて、初期のうちに処方すれば、ウイルスがおさまります。塗り薬と飲み薬を服用することもあります。また、症状の度合いによっては、点滴による治療が行われる場合もあります。

帯状疱疹は、免疫力や体力が低下したときにかかりやすい病気なので、まずは休養をしっかりとり、栄養バランスの良い食事をとることが大切です。帯状疱疹が口の中にできた場合は、口内炎にかかったときのように、食べ物がしみることがあります。口にできた帯状疱疹は、食生活にも影響しますので、食事が十分にとれない場合は、点滴により食事の栄養分を補うこともあります。最初の1週間程度の期間は、ウイルスが繁殖しやすいので、抗ウイルス薬を処方して、ウイルスの繁殖を防止します。

帯状疱疹の患者の病状を見ながら、点滴による注射や錠剤、カプセル、顆粒の内服薬やクリームなどを処方します。帯状疱疹にかかるときは、体が疲れきっているときや、免疫力が低下しているときにおこりやすくなります。栄養バランスが悪いときにかかることもあります。帯状疱疹は、皮膚の病気という認識が強いと思いますが、皮膚下にある神経がウイルスに感染して引き起こされる病気です。




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2016 帯状疱疹.com All Rights Reserved.