帯状疱疹.com

帯状疱疹の基礎知識 帯状疱疹の原因

帯状疱疹の発症の原因には、さまざまな原因がかんがえられます。帯状疱疹のおもな原因のひとつには、体の免疫力や抵抗力が弱まっていることがかんがえられます。帯状疱疹が高齢者に多く見られる理由は、華麗とともに体力や免疫力、自然治癒力が衰えてきます。高齢者が体調の不調を感じて、急に体重が減少したり、食欲が急激に落ち始めたら、さまざまな病気にかかっている可能性が考えられますが、体に赤い発疹が広範囲に出た場合は、帯状疱疹の疑いがありますので、早急に皮膚科専門医の診察を受ける必要があります。

帯状疱疹を発祥する原因には、精神的・肉体的な疲労、ストレス、風邪、膠原病を患い、ステロイド剤を服用している人、またはステロイド剤をこれまでに服用したことがある人、悪性腫瘍がある人などに多く見られます。また、帯状疱疹は、遺伝するケースもあります。兄弟や両親、親族に帯状疱疹を発症したことがある人は、発症リスクが高いと言われています。

帯状疱疹の最大の発症の原因は、子どもの頃に水ぼうそう (水痘) にかかったことがあり、ウイルスが体内の神経節に長い間潜伏していて、水ぼうそうが完治して症状がその後あらわれなかった場合にも、免疫力が低下したときに、潜伏し続けていたウイルスが再び活動が活発になり、神経を伝わって、皮膚の表面に赤い発疹があらわれて、水泡状になります。これが帯状疱疹です。帯状に発疹がみられることから、帯状疱疹と呼ばれています。

子どもの頃に水ぼうそうにかかった人も、帯状疱疹の発祥リスクが高いと言えるでしょう。帯状疱疹は、体内でそのウイルスを持っていても、成人に感染することはまずありません。ただし、これまで水ぼうそうにかかったことのない子どもは、水ぼうそうに対する抗体を持っていないため、うつることがあります。




▲このページの上部へ
Copyright © 2010-2013 帯状疱疹.com All Rights Reserved.